ポケットティッシュ製作に関するトラブルや対処方法

ポケットティッシュ製作に関するトラブルや対処方法

売り上げや来客数を延ばすために、「ノベルティ品のポケットティッシュ」を製作して、
販促活動を行う企業がとても多くあります。
 
ノベルティ品のポケットティッシュは、個人が使うような数量ではなく、
数千個というロット数で注文を行うため、それだけ費用が多く掛かることが予想されます。
 
企業がノベルティ品のポケットティッシュを業者に発注すると、時に大きなトラブルに発展することがあります。
今回は、気を付けたいトラブル例を参考に、トラブルが起らないようにするための対策などを考えていきましょう。
 
 
1.ポケットティッシ製作に関するトラブルの例
企業が販促活動の一環として取り入れる方法の中に、
「ノベルティ品のポケットティッシュ」の作成が一つに挙げられます。
大量のポケットティッシュを製作するため、通常はポケットティッシュの製作や製造を専門に取り扱う業者に
依頼をして、ノベルティ品のポケットティッシュを作ってもらいます。
 
業者に依頼することで、すべてを自社で行うことで発生する手間や時間などを極力減らすことができます。
しかし、業者にポケットティッシュの製作を依頼したことで、いくつかのトラブルが発生することがあります。
 
以下は、起こりうる業者とのトラブルについてです。
 
1-1.不良品が多いというトラブル
どのような品質のポケットティッシュを製作しているかは、業者の良し悪しを大きく左右する点といえます。
 
数千個~数万個など、大量のノベルティ品のポケットティッシュを発注する企業もあります。
この場合、業者とよく検討を重ねた上で製造過程に移りますが、
完成して受け取ったポケットティッシュを一つ一つ確認できる時間はそれほどありません。
 
企業のスタッフやポケットティッシュを配布する人が事前に気付けばいいですが、
場合によってはポケットティッシュを受け取った一般の方に不良品だと気付かれることがあります。
 
無料だとは分かっていても、不良品を受け取った方の気持ちは良いものではありません。
不良品を配っているような会社だと、マイナスな評価を受ける可能性も否めないからです。
 
1-2.納期が遅れるとうトラブル
さまざまなスタッフが絡んでいる販促活動では、業者との契約内容も非常に大きなポイントといえます。
 
大量のポケットティッシュを発注する前には、料金やデザインなどのほか、
「納期」に関してもよく確認する必要があります。
納期が分かれば、ノベルティ品のポケットティッシュを無料配布するための日程を決めることができます。
また、数量が多ければ企業のスタッフのほかに、単発のアルバイトを雇い配布を行うこともあるでしょう。
 
無料配布をする日程も、アルバイトの確保も済んでいるにも関わらず、
業者から「納期が遅れる」という報告を受けたらどうでしょうか。
業者との関わりはさておき、すでに様々な手配が完了しているのにも関わらず、
肝心のノベルティ品がなければ本末転倒です。
 
決められた納期を守ることは業者の務めですが、すでに決められたイベントなどを実行することは企業の務めです。
少しでも時間がある場合は、ほかの業者に急ぎで発注をすることもできますが、
イベントまで数日しかないような場合は、ノベルティ品なし、または代用品を使ってイベントを進めることになります。
 
1-3.完成品が安っぽいというトラブル
ノベルティ品を受け取る人は、無料だからそれほど質の高さは求めてはいない、という方も多いでしょう。
 
しかし、異なる企業で無料配布しているポケットティッシュをそれぞれ比べた時に、
一方はしっかりした作りで宣伝内容も分かりやすく、もう一方は明らかに「安っぽい」印象で、
宣伝内容もインパクトが少ないという場合はどうでしょうか。
 
同じようなサービスを行っていても、ノベルティ品を受け取ったことで小さな違いに気付くと、
消費者心理としては、品質の高いノベルティ品を配布する企業の方が、
信頼できると無意識に感じてしまう可能性がある
のです。
 
業者にポケットティッシュの製造を依頼すると、理想のイメージと完成品の仕上がりに、
大きな差が生じてしまうことがあります。
理想のイメージと完成品が、想像以上にかけ離れた姿だったとしても、
すでに数千個、数万個と完成したポケットティッシュを作り直すことはできません。
もしどうしても気に入らない場合は、再度作り直しが必要になるのです。

ポケットティッシュ

オリジナルティッシュ

激安ティッシュ

ポケットティッシュ 激安


ノベルティ ティッシュ